大学

School
Database

愛知大学

(私立/愛知県)


愛知大学の画像
資料請求(愛知大学)送料200円(後納)+手数料

所在地

〒461-8641
名古屋市東区筒井2-10-31

 HP 

https://www.aichi-u.ac.jp/

学校の詳細情報

学部・学科(2020年度 入学定員)

〈名古屋キャンパス:名古屋駅地区ささしまライブ〉
●法学部
法学科315
●経済学部
経済学科330
●経営学部
経営学科250/会計ファイナンス学科125
●現代中国学部
現代中国学科180
●国際コミュニケーション学部
英語学科115/国際教養学科115

〈豊橋キャンパス:愛知県豊橋市〉
●文学部
心理学科55/人文社会学科290(現代文化コース、社会学コース、歴史・地理学コース、日本語日本文学コース、欧米言語文化コース)
●地域政策学部
地域政策学科220(公共政策コース、地域産業コース、まちづくりコース、地域文化コース、健康・スポーツコース、食農環境コース)
●短期大学部
ライフデザイン総合学科100

大学GUIDE

1946年、中部地区唯一の旧制法文系大学(日本で49番目)として愛知県豊橋市に創立した伝統ある大学です。

法学部

4年間の学修を通して物事を多角的に捉え公正さを見いだすリーガルマインド(法的思考力)を身につけます。そのため1年次から少人数の入門演習を開講。2年次から3つの履修モデルを選択し、専門知識を積み上げます。司法コースは法律専門職の養成を目標に、憲法・行政法・民法・刑法・商法などを重点的に学びます。司法書士・行政書士などの資格取得にも力を入れています。行政コースでは法律を運用し、政策を考え、社会を動かす仕事の担い手となる公務員をめざします。公務員採用試験の主要科目を確実に学び、公務員に求められる資質や見識も養います。企業コースはビジネスの現場で役立つ法知識を学び、法的思考力を養います。専門演習ではプレゼンテーションやディベートなどを行い、企業人に求められる力を身につけます。

経済学部

財政、金融、景気、雇用、社会保障、国際金融など、幅広い領域にわたる経済学を基礎から応用、ビジネス現場での実践まで学ぶために、2年次からコース制を導入。経済分析コースはマクロ・ミクロ経済学を基礎とする経済理論によって現象を考察し、得られるデータを基に社会を分析する力を養います。政策・地域コースは、経済問題を分析し、合理的な政策を立案する能力を育成します。世界経済コースは、世界経済に関わる幅広い知識とコミュニケーションスキルを生かし、国や地域を越えて活躍できる経済人を育成します。

経営学部

相補の関係にある「経営学」と「会計学」を連携して学べるよう学部共通科目を設けており、学科を越えた学びが可能。激しく変動するビジネス社会の諸問題に対して、専門的な知識をもとに的確に対処できる人材を育成します。
経営学科では経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)の最適な活用法をはじめ、組織を効率的に運営する手法を学びます。2年次からは「ビジネス・マネジメント」「流通・マーケティング」「情報システム」「国際ビジネス」の4コースに分かれ、専門分野を重点的に学びます。
会計ファイナンス学科では公認会計士、税理士の資格取得を強力に支援する体制を整え、企業経営に不可欠な資金調達・管理・運用を学ぶため、2年次から「アカウンティング」「ファイナンス」「ビジネスデザイン」の3コースに分かれ、それぞれの学びを深めます。

現代中国学部

経済成長著しい中国・アジア圏を総合的に理解することをめざします。学部最大の特長は「現地プログラム」。2年次春学期に全員が4カ月間中国・台湾・マレーシアのいずれかに留学し、異文化を体感しながら語学力を養います。さらに、企業・都市・農村の調査や研究を行う「現地研究調査」、北京または上海の企業で中国語を用いて就業研修を行う「現地インターンシップ」も実施。また、中国の南開大学、台湾の東呉大学との協定により、卒業時に愛知大学と留学先大学の学位が修得できる「ダブルディグリー・プログラム」を導入。2年次に「ビジネス」「言語文化」「国際関係」の3コースに分かれます。

国際コミュニケーション学部

英語学科では国際共通語“英語”について「読む・聞く・書く・話す」力を段階的に伸ばし、総合的な英語運用能力を修得。2年次から、「Language Studies」「Business」「Education」の各コースに分かれて専門的に学びを深めます。ネイティブ教員による少人数授業、留学や海外研修による国際経験の機会など、実践的な教育を展開しています。
国際教養学科では、異文化理解を通してコミュニケーション能力を向上させ、自国文化への知見も深め、国際社会の中で活躍できる人材を育成。異文化を肌で体感する国際フィールドワークでは、各々の関心のある分野について調査。2年次からは「アメリカ研究」「日本・アジア研究」「ヨーロッパ研究」の3コースと3つの領野を組み合わせ、専門知識を集中的に修得します。

文学部

心理学科では心理学上の理論を学ぶとともに、実験・実践を通して人間行動の謎を解き明かします。大学院へ進み、国家資格「公認心理師」をめざすカリキュラムも整えています。
人文社会学科は5コース(現代文化、社会学、歴史・地理学、日本語日本文学、欧米言語文化)・12専攻に分かれ、学問研究を通して、人間や社会に対する洞察力を磨きます。毎年多くの教員採用試験合格者を輩出しています。

地域政策学部

「地域を見つめ、地域を活かす」をコンセプトに、“課題発見”と“課題解決”の力である「地域貢献力」を備えた人材を育成します。6つの専門コース(公共政策、地域産業、まちづくり、地域文化、健康・スポーツ、食農環境)を設置。フィールドワークやゼミナールなどの実践的な研究活動を通して、多様化する地域ニーズに応える力を養います。また、さまざまな要因が絡み合った課題を解決するために不可欠な複眼的な思考を養えるよう、他コースの専門科目の受講が可能です。

資格取得支援

資格課程履修により取得できる資格

中学校・高等学校教諭1種、小学校教諭1種*、社会教育主事、博物館学芸員、司書、司書教諭、社会調査士(文?社会学専攻)、認定心理士(文?心理学科)
※教員・司書教諭は文?心理学科を除く。教員免許の取得可能科目は学部・学科によって異なります。
*佛教大学(通信教育課程)への学費が別途必要

資格取得・職業支援講座

公務員試験・教員採用試験対策など、専任講師による多彩な講座を開講。全て学内で受講できるため、費用面での負担が軽減できます。

留学情報

13カ国・地域の42大学と提携し、目的・経済面を考慮した留学制度を整えています。長期留学には「交換留学」と「認定留学」があり、留学先で修得した単位は年間30単位を上限に認定され、4年間で卒業可能です。夏季・春季休暇期間を利用した「海外短期語学セミナー」も実施。また、学内には約250人の外国人留学生が在籍しており、生きた外国語や異文化に触れることができます。

卒業後の進路

4年間の包括的なキャリア形成支援体制に支えられ、公務員・製造業・商社を中心に、幅広い分野に優秀な人材を送り出しています。400社を超える企業や団体によるセミナー、インターンシップなどを実施しています。

2019年3月卒業生の主な就職先

クリナップ、アイシン・エィ・ダブリュ、デンソー、スズキ、トヨタ自動車、名古屋鉄道、全日本空輸、日本航空、みずほフィナシャルグループ、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、東京海上日動火災保険、野村證券、NTTドコモ、JTB、法務省 名古屋法務局、国税専門官、労働基準監督官、財務専門官、愛知県庁、名古屋市役所、愛知県教育委員会 他

入試GUIDE(前年度参考)

■一般入試
1. 数学重視型入試
2. M方式入試
3. 前期入試
4. センタープラス方式入試
5. センター試験利用入試(前期)5教科型・3教科型
6. 後期入試
7. センター試験利用入試(後期)
■公募制推薦入試
1. 一般推薦(専願制・併願制)/全学部
2. 情報・簿記会計推薦/経済、経営
■国際コミュニケーション学部英語学科特別入試
■現代中国学部グローバル人材特別入試
■スポーツ特別入試/全学部
■海外帰国生選抜入試・社会人入試・編入学試験/全学部

Copyright © 大学通信 All rights reserved. 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。