大学

School
Database

学習院大学

(私立/東京都)


学習院大学の画像
資料請求(学習院大学)

所在地

〒171-8588
豊島区目白1-5-1

 HP 

https://www.univ.gakushuin.ac.jp/

学校の詳細情報

学科組織(定員は2020年度)

●法学部
法学科250/政治学科230
●経済学部
経済学科250/経営学科250
●文学部
哲学科95/史学科95/日本語日本文学科115/英語英米文化学科115/ドイツ語圏文化学科50/フランス語圏文化学科65/心理学科90/教育学科50
●理学部
物理学科48/化学科54/数学科60/生命科学科48
●国際社会科学部
国際社会科学科200

大学GUIDE

法学部

法と政治は人間社会に不可欠なものです。法と政治を中心に人間と社会について学び、現代社会に広く目を向け、高度な問題発見・分析能力を養います。
◆法学科
法律的なものの考え方を身につけることを目的とし、法曹・公務員・一般企業、それぞれの志望に合わせた科目の選択が可能です。第一線で活躍する実務家や法科大学院の教員が授業を担当することもあり、法律の知識だけでなく人間に対する深い理解も育みます。
◆政治学科
政治史、政治理論、公共政策、比較政治、国際関係、社会学等を多面的、総合的に学び、現代社会で活躍するための知的基盤を養います。5年間で学部の卒業から大学院での修士号取得までを目指し、英語力や高い実務能力を身につける「特別選抜コース(FT course)」を設けています。

経済学部

現代社会において解決を迫られているさまざまな問題に対して、経済学・経営学の立場から多面的にアプローチ。問題を的確にとらえ分析するとともに、最適な解決方法を見つけ、現実の場面で生かせる能力を養います。簿記検定合格を目指す資格志向の科目やTOEIC?IP受験支援プログラムなど実社会で役立つ講義も豊富です。
◆経済学科
多彩な講義や演習を通して経済活動の諸現象を多角的に捉え、基礎から応用へと各分野を段階的に学びながら、高度な経済理論と分析方法を自分のものにします。少人数の演習は人格の育成にも役立っています。
◆経営学科
経営学の専門科目とバリエーション豊かな関連科目により、高い専門性と柔軟な思考能力を育成。実務に即した問題解決のノウハウを修得します。「英語で学ぶ経営理論」など、多様な学びを用意。国際化、情報化に直面する企業や組織の現実課題を学びます。

文学部

言語・文学・歴史・文化・人間を見つめ、豊かな教養と知性を磨くことを目的としています。基礎から先端領域まで体系的に学べるカリキュラムが組まれ、さらに演習を通して深い考察力と発表能力を身につけます。
◆哲学科
哲学・思想史系と美学・美術史系の2系統が密接にリンク。古代ギリシアや古代中国に源を発する哲学・思想・美術の長大な流れを見据えつつ、自分の興味に応じた専門領域の研究へ分け入っていきます。
◆史学科
日本史、東洋史、西洋史といった既成の枠にとらわれることなく、関心のある科目をフレキシブルに履修することで、幅広い見識と柔軟な思考能力を培います。歴史学を通して事物の実証的な認識の方法を学び、現代社会のあり方や意味を考えるための力をつけます。
◆日本語日本文学科
日本語日本文学系と日本語教育系の2コースで構成。日本の言語・文学・文化、さらにはその関連領域を学際的に学び、創造性に富んだ研究を実践します。
◆英語英米文化学科
言語、文学、社会、歴史、思想など多様な視点から英語圏の文化にアプローチ。3・4年次では現代研究、英語文化、言語・教育の3コースのうち所属するコースの演習を中心に履修します。専門教育と連動した段階的かつ継続的な語学教育によって、広く深い理解をもとに、実践的な運用力の養成を目指します。
◆ドイツ語圏文化学科
自分の考えを表現し伝える「発信型」のドイツ語教育を重視。ドイツ語圏(ドイツ、オーストリア、スイスなど)の言語と文化、社会事情への理解を深め、広い視野と国際感覚を養成します。
◆フランス語圏文化学科
フランス語圏の文化現象全体を研究対象としながら、現代の世界への広い視野を開きます。実践的なフランス語も修得し、豊かな学識と感性を身につけ、世界のさまざまな文化を理解できる柔軟な精神を持つ人材を育みます。
◆心理学科
複雑で多様な人間の心理的様態や行動を理解するための方法を修得し、事象を心理学視点から見る眼を養い、深い人間理解を目指します。基礎から応用まで体系的に学ぶ丁寧なカリキュラムが用意されています。
◆教育学科
小学校教員免許の取得を目指します。次代を担う子どもたちの成長を促進し共生社会を形成・創造するための資質・能力を持った人材を育成。視野が広く想像力と創造性を発揮できる豊かな人間性を培います。

理学部

少人数制のきめ細かい指導が特色です。実体験重視の教育で育てられる柔軟な思考力と問題を秩序立てて解決する能力は、どのような局面でも大きな力となります。
◆物理学科
物理学は、今でも発展を続ける未完成の学問です。物理学の基礎的な知識だけではなく、実際に「自分の手を動かし、自分の目で見て、自分の頭で考える」という姿勢を重視した、きめ細かい教育をします。
◆化学科
化学は、発見と応用の学問です。化学の原理と伝統的な手法を土台として、実験による試行錯誤を繰り返しつつ、新しい発想や発見ができる柔軟な頭脳を育てます。
◆数学科
数学世界の奥深い魅力を探り、高度な数理的センスを養い、論理的な思考力や問題解決能力を高め、多分野にも応用できる数理的センスを養います。授業は演習やセミナーを重視し、コンピュータ関連の科目も充実しています。
◆生命科学科
分子細胞生物学を教育・研究の中心に据え、授業・実験・演習によって生命の分子レベルでの理解を目指します。細胞の活動や動植物の生命現象から生体高分子の分子レベルの研究まで親身の指導を展開します。

国際社会科学部

◆国際社会科学科
世界はますますグローバル化しています。大学での貴重な4年間を「何となく国際人」になるために費やすのではなく、「ビジネスの第一線で活躍できる国際人」として羽ばたいてほしいという願いのもと、英語と専門科目(社会科学)を同時に学習するカリキュラムと4週間以上の海外研修を2つの柱として、国際人に必要な基礎力を培います。1年生は英語科目の学習と同時に日本語で専門科目を学びます。2年生からは専門科目を少しずつ英語で学び、3年生ではすべて英語で学びます。CLIL(Content and Language Integrated Learning)という手法を活用し、英語の学習においては専門科目(社会科学)に関連する題材を扱い、実際に英語を使いながら学びます。やさしいところから少しずつレベルアップできる教育システムと海外研修や少人数の演習によって、国際社会の現場で役立つ課題解決力を育みます。

歴史と緑のキャンパスへ

JR山手線「目白駅」から徒歩30秒の都心にありながら自然豊かで広大な目白キャンパスで、全学部全学年が4年間を過ごします。キャンパス内には7件の国登録有形文化財に指定されている建造物もあり、現在でも授業や課外活動の場として使用されています。

Copyright © 大学通信 All rights reserved. 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。