大学

School
Database

北里大学

(私立/神奈川県)


北里大学の画像
資料請求(北里大学)

所在地

〒252-0373
相模原市南区北里1-15-1

 HP 

https://www.kitasato-u.ac.jp/

学校の詳細情報

学科組織(2020年度定員)

●理学部
物理学科53/化学科80/生物科学科80
●獣医学部
獣医学科120/動物資源科学科130/生物環境科学科90
●海洋生命科学部
海洋生命科学科180
●薬学部
薬学科(6年制)260/生命創薬科学科(4年制)35
●医学部
医学科118(地域枠9人・修学資金枠2人を含む)
●看護学部
看護学科125
●医療衛生学部
健康科学科40/医療検査学科105/医療工学科(臨床工学専攻45、診療放射線技術科学専攻70)/リハビリテーション学科(理学療法学専攻45、作業療法学専攻40、言語聴覚療法学専攻30、視覚機能療法学専攻30)

21世紀の問題解決に取り組む生命科学の総合大学

北里大学は、破傷風の血清療法を確立した北里柴三郎を学祖と仰ぎ、1962年に北里研究所創立50周年を記念して創設されました。生命科学の基礎的研究を行う分野、動植物と環境に関する分野、人間の生命と健康に関する分野の3つのフィールドから生命科学のフロンティアをめざします。

理学部

物理学科、化学科、生物科学科の3学科を擁し、分子レベルからの多角的なアプローチで生命科学におけるさまざまな現象を解明していきます。各学科ではそれぞれの専門性を追究すると同時に、互いの関連性にも目を向け、幅広く周辺分野に通じる基礎学力を養います。その結果、理学のあらゆる分野に対応できる人材が 多数生まれています。

獣医学部

40年以上の歴史を持つ十和田キャンパスの獣医畜産学部が発展的に改組して誕生した、獣医学科・動物資源科学科・生物環境科学科からなる新進の学部です。動物の生命科学を各学科共通の基盤として教育・研究の相互連携を強化することにより、獣医学を基軸としてバイオサイエンス、地球環境・生態学まで、大きく守備範囲を広げています。

海洋生命科学部

生命科学の先端技術や、資源管理・生物生産の考え方をベースとした、海洋生物資源に関する教育・研究で世界的な評価を得ています。2011年、三陸海岸から相模原へと拠点を移しましたが、新設された教育研究棟や三陸の臨海実習施設、また外部機関の臨海施設などをフルに活用した実習を取り入れ、以前にも増して充実した教育・研究活動を展開しています。

薬学部

北里大学2番目の学部として1964年に開設した薬学部は、創薬の研究開発に欠かせない人材を育成する4年制の生命創薬科学科と、臨床現場で活躍する優れた薬剤師を養成する6年制の薬学科からなり、基礎研究と実務教育の両面から日本の薬学を支えています。人間形成の教育にも力を入れ、長期病院実習を大学附属病院を中心に実施しています。

医学部

「人間性豊かで優れた医師の養成」を基本理念の第一に掲げる医学部の特徴は、開設当初から推進してきた独自の「器官系別総合教育」や、学生がテーマを選び、研究に必要な技術や意欲、考え方、論文の書き方などを学ぶ「学生医学論文」などが挙げられ、広く深く体系的な知識、確実な技術、そして豊富な臨床経験を身につけた医師を養成しています。

看護学部

臨床と教育の力強い連携による実践能力の開発をめざし、ヒューマンケアの時代に欠かせない看護専門職者を育成します。地域で生活する人々の健康増進や疾病予防を重視するヘルスプロモーションの視点、関連基礎科目と看護専門科目との統合、国際的な視野の広がりを反映するUCLAやモンゴルでの海外研修など、特徴あるカリキュラムを盛り込んでいます。

医療衛生学部

1994年に衛生学部の改組で誕生し、現在は4学科6専攻の8分野で、高度な知識、技術を有する医療従事者を育成しています。幅広い人間性と応用力を養う基礎教育、高度な専門性と最新技術を獲得するための実践的臨床教育、医療系他学部との連携による学際的教育を理念として掲げ、チーム医療を支える優れたコ・メディカルスタッフの養成に尽力しています。

施設・設備

医療系学部の充実した実習環境

白金キャンパスの臨床薬学研究・教育センターに模擬薬局があります。模擬患者を相手にさまざまな体験ができるほか、待合スペースや市販薬の陳列室なども備えており、実際の保険薬局に近い環境で実習することができます。
相模原キャンパスの「臨床教育研究棟(IPE棟)」には、最新の医療設備を整えた臨床スキルスラボがあり、病院での実習さながらの授業が可能です。また、IPE棟に直結の北里大学病院をはじめ、各キャンパスには大学附属病院が隣接し、1年次から最先端の医療現場を体験できます。さらに、現役の医師や看護師らによる特別講義も多数開講。実務を想定した密度の濃い教育を行っています。

海洋生命科学部「アクアリウムラボ」

アクアリウムラボは、すべて学生が企画し運営する全国でも珍しいキャンパス内のミニ水族館です。常設展と企画展において海洋生命科学部の研究内容をわかりやすく伝えたり、三陸をテーマにして現地の多様な生き物を紹介したりしています。大学関係者だけでなく、地域の方々が気軽に立ち寄れる憩いの場になればと、スタッフ全員で毎日魚たちを世話しています。

国際交流

世界18カ国46の学術機関との間で学術交流協定を結び、教職員や学生の相互交流、共同研究の実施、学術情報の交換などを通じて教育・研究レベルの向上に努めています。

就職支援(前年度参考)

高い就職実績。就職率99.8%

1年次基礎科目でのキャリア教育やインターシップなどの対策講座から、各キャンパスで実施される企業研究会・就職ガイダンスまで豊富な就職プログラムを実施。また、就職活動を経験した先輩から直接アドバイスをもらうことができる機会もあり、手厚いバックアップを行っています。

専門スタッフがいつでもサポート

相模原キャンパスにある就職センターでは個別相談や模擬面接、履歴書・エントリーシートの添削などをサポート。他のキャンパスの学生には、Webカメラによる遠隔面談も行っています。

「チーム医療教育」プログラム

14職種におよぶ医療専門人を養成する北里大学は、医療系4学部と大学病院が同一キャンパスにある恵まれた学習環境を生かし、学部間および学部・病院間の教育連携による「チーム医療教育」プログラムを実施しています。他職種の知識・技術、患者接遇を理解し、職種間の相互理解と連携、協働できる能力や患者を総合的に診る能力を養います。

Copyright © 大学通信 All rights reserved. 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。