大学

School
Database

駒澤大学

(私立/東京都)


駒澤大学の画像
資料請求(駒澤大学)

所在地

〒154-8525
世田谷区駒沢1-23-1

 HP 

https://www.komazawa-u.ac.jp/

学校の詳細情報

学部・学科組織

●仏教学部 192
禅学科/仏教学科
●文学部
国文学科134/英米文学科134/地理学科(地域文化研究専攻69、地域環境研究専攻64)/歴史学科(日本史学専攻92、外国史学専攻66、考古学専攻35)/社会学科(社会学専攻64、社会福祉学専攻83)/心理学科85
●経済学部
経済学科350/商学科246/現代応用経済学科152
●法学部
法律学科(フレックスA309、フレックスB150)/政治学科205
●経営学部
経営学科340/市場戦略学科185
●医療健康科学部
診療放射線技術科学科62
●グローバル・メディア・スタディーズ学部
グローバル・メディア学科300

大学GUIDE

歴史と改革

1592年に仏教の研究や漢学の振興を目的に設立された「学林」が前身。今日に至るまでその豊かな伝統を守りながら、2012年に創立130年を迎えました。一方で時代の状況に即した改革を行い、現在、7学部17学科、大学院、法科大学院、研究所を擁する総合大学となりました。今後も豊かな人間性を育む個性的な大学であるために、さらなる進化を続けていきます。

全国から学生が交わる都心のワンキャンパス

駒澤大学の大きな魅力は、全学部の学生が4年間を同一キャンパス(ワンキャンパス)で学修できることです。キャンパスは渋谷駅から電車で7分。世田谷の緑豊かで広大な駒沢オリンピック公園と閑静な住宅街に隣接する抜群の立地環境にあります。在学生は約1万5千人。全国から多くの学生が集まり、多様な価値観、学部、学年を超えた学生、教員との交流がさかんです。また、ワンキャンパスの環境をいかした教育システムが用意され、視野を広げ、知性と人間性を磨くことができます。

駒澤人育成基礎プログラム

駒澤大学で学んだというアイデンティティーと、社会で活躍していくための教養や課題解決能力を体系的に身につける5つの教育を柱としているプログラムです。新入生が自立的・自主的に高校までの学びから大学での学びへ移れるよう、新入生セミナーなどの初年次教育や、習熟度に応じた少人数クラスによって社会で役立つ実用英語教育を行っています。また、コンピュータスキルや情報リテラシー、情報倫理を身につけるなどICT基礎レベルの修得を目的としたICT教育や、文章読解・作成能力を高めるための日本語リテラシー教育も教養・専門教育科目で取り入れ、さらに4年間を通したキャリア教育によって、就業力アップを目指します。

ワンキャンパスをいかした多彩な学び

「教養教育科目(人文・社会・自然・ライフデザイン分野)」、「宗教教育科目」、「保健体育科目」、「外国語科目(英語を含む7ヶ国語)」の科目群からなる、「全学共通科目」を数多く開設しています。駒澤大学ならではの「坐禅」の授業はとても人気があります。幅広い知識と教養が結びつくことで、高度な専門性を身につけます。

返還義務のない給付型奨学金制度

駒澤大学の学内奨学金は、全て返還義務のない給付型奨学金です。
一般選抜においては、「全学部統一日程選抜」に出願したすべての受験生の高得点順位上位200人の合格入学者に年間30万円を給付する制度があり、その他、授業料相当額を奨学金として給付する「新人の英知奨学金」給付制度があります(いずれも在学中の成績等により継続給付可能)。その他、自己推薦選抜、在学中に家計や学業成績等に応じた給付奨学金制度もあります。

特色ある施設・設備

開校130周年記念棟(種月館)

2018年4月に9階建ての高層棟、4階建ての低層棟からなる新校舎が完成。最先端のPC教室、グループ学習室など、ICT教育・アクティブラーニング設備が充実しました。その他、1,200席の学生食堂、コンビニ、開放的なラウンジ、テラス、産学連携による実習施設等が整備され、学生がより意欲的に学ぶことのできる環境を提供。キャンパスライフがますます便利に快適になりました。

駒澤大学?VARIAN放射線治療人材教育センター

株式会社バリアンメディカルシステムズと駒澤大学が設立(「種月館」内に設立)。医療従事者に対して、放射線治療技術に関する知識やスキルの向上と医療健康科学部、大学院研究科の治療技術教育の高水準化を図ります。

禅文化歴史博物館(耕雲館)

東京都から歴史的建造物の指定を受けている耕雲館は、2002年に「禅文化歴史博物館」として生まれかわり、一般にも公開されています。

世界に広がる国際交流

国際交流は、ものの見方や考え方、視野を広げる絶好の機会です。駒澤大学では、国際センターを窓口として、活発な国際交流が行われています。中国、韓国、台湾、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、フィンランドなどの大学と協定を結び、交換留学や短期語学セミナーが行われています。交換留学(1年間)では、留学先での修得単位は卒業単位として認定され、留学期間中は学費等が免除されます。
そのほかの支援として、認定校留学、語学試験対策、渡航準備など海外留学全般に関する相談に応じています。

卒業後の進路

キャリアセンターでは、入学時から将来に目を向けたきめ細かな進路指導体制を組んでいます。教職や公務員を目指す学生のための受験指導講座や、資格取得のための講座は1年生から参加できます。また、実践的で細かな指導を行うミニガイダンス、各種模擬試験やインターンシップ、各業界のトップクラスの企業の人事担当者を迎えての企業研究会など、多彩なプログラムを用意しています。さらに、就職活動を終えた4年生が個別相談やタイムリーな情報を伝えるイベントを企画し、就職活動をサポートしています。

主な就職先

全日本空輸、JR東日本、ローソン、楽天、野村證券、日本通運、富士通、JTB、ソフトバンク、博報堂プロダクツ、セコム、三菱UFJ銀行、積水ハウス、東京ガス、東京国税局、警視庁、郵便事業、東京消防庁、防衛省、国家公務員、地方公務員、教員 他

入試GUIDE(前年度参考)

1. 全学部統一日程入学試験/医療健康科学部を除く全学部・学科(どの学部でも最大3学科まで、併願受験可能)
2. 一般入学試験T方式(同一配点型)/全学部
3. 一般入学試験S方式(特定科目重視型)/仏教、文(国文、英米文、歴史)、経営(市場戦略)、医療健康科、グローバル・メディア・スタディーズ
4. 大学入試センター試験利用入学試験/全学部
※前期・中期・後期日程あり(中期・後期は一部の学部)
5. 自己推薦入試(総合評価型)/全学部
6. 自己推薦入試(特性評価型)/仏教、文(英米文、歴史、社会[社会学専攻])、経済(経済、商)、グローバル・メディア・スタディーズ
7. 特別入学試験/下段のコラム参照
※最新情報は受験生サイトまたは、2020年度に発行予定の入学者選抜資料等で確認してください。

Copyright © 大学通信 All rights reserved. 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。