大学

School
Database

昭和大学

(私立/東京都)


昭和大学の画像
資料請求(昭和大学)

所在地

〒142-8555
品川区旗の台1-5-8

 HP 

https://www.showa-u.ac.jp/

学校の詳細情報

学科組織

●医学部
医学科109
●歯学部
歯学科96
●薬学部
薬学科200
●保健医療学部
看護学科95/理学療法学科30/作業療法学科30

医系総合大学

医学部、歯学部、薬学部、保健医療学部の4学部を擁する昭和大学では、医系総合大学の利点が生かされ、他学部の教授陣から最新の専門知識を得られること、また8つの附属病院で行われる豊富な臨床実習などが特色としてあげられます。早い段階から医療の現場を体験し、生命の尊さを肌で感じることで、常に高い目的意識を持って学習することができます。

医学部

チーム医療・多職種連携教育をPBL(問題解決型学習)と学部連携実習を通じて行います。7つの大学附属病院で診療参加型臨床実習を72週行い、指導医が少人数の学生をきめ細かく指導します。地域医療実習は3年次と5年次に同じ医療施設で行うことで、医学生としての成長過程を指導医が把握。医師国家試験に対しては特別講義や国家試験に準拠した卒業試験など十分な対策を行っています。

歯学部

全寮制生活に基づいた初年次教育からチーム医療教育に力を入れ、歯学専門教育に加えて大学附属の8つの教育病院でチーム医療の実践的な教育を行います。地元の歯科医師会と連携した地域歯科医療実習も充実し、他大学にない教育環境を生かした教育があります。

薬学部

オリジナル教育プログラムで次代に求められる「チーム医療に強い臨床薬剤師」を育てます。4学部連携アクティブラーニングや大学附属病院・保険薬局での大学独自の臨床実習でチーム医療の実践力を修得。卒業後も大学院博士課程、薬剤師レジデント制度、生涯研修プログラムなどで臨床薬剤師としての成長をサポートし続けます。

保健医療学部

看護学科では、各附属病院それぞれの特徴を最大限に生かし、現職の看護師を教育職員とする臨床教員制度により、大学と附属病院が連携した教育体制を構築。卒業後は、多くの卒業生が附属病院に就職し、最先端のチーム医療を実践します。定員選抜制の保健師課程も履修可能です。理学療法学科では、附属のリハビリテーション病院を中心に超急性期から回復期までそれぞれの病院の特徴を最大限に生かし、現職の理学療法士を教育職員とする臨床教員制度により、大学と附属病院が連携した教育体制を構築します。作業療法学科では附属のリハビリテーション病院や精神科病院を中心にそれぞれの病院の特徴を最大限に生かし、現職の作業療法士を教育職員とする臨床教員制度により、大学と附属病院が連携した教育体制を構築します。

キャンパス紹介

富士吉田キャンパス、旗の台キャンパス、洗足キャンパス、横浜キャンパスがあります。
富士吉田キャンパスでは、医、歯、薬、保健医療学部の1年次生が全員、1年間の全寮生活を送ります。富士山麓の清涼な自然環境の中に、学生寮、講義棟、研究棟、図書館、医薬資源園、体育館・温水プール、野球場、テニスコート、馬場などが配置されています。
旗の台キャンパスは大学本部が置かれ、医学部、薬学部は2年次以降、歯学部は2年次から4年次までの基礎・専門科目全課程を学びます。昭和大学病院も併設されています。
歯学部の5年次以降は、洗足キャンパスにある歯科病院を中心に、外来や歯科臨床に参加します。
保健医療学部の2年次以降の学生が学ぶ横浜キャンパスには、昭和大学長津田総合運動場が隣接しています。隣町に実習の舞台となる2つの病院があります。

幅広い国際交流

国際交流センターを中心に、海外留学・研修のコーディネートや、海外からの研究生・研修生の受け入れ、医療協力活動を進めるべく、姉妹校・学部間協定校合わせて39校と協定を結んでいます。
1年次には海外生活の体験と英語でのコミュニケーションを中心としたプログラム、2年次以降は医療英語や各学部に関連した海外研修、さらに医・歯・薬学部の5・6年次では臨床の現場で実習できるカリキュラムを組んでいます。海外実習・研修奨学金制度により、経費面からのサポートを受けることができます。

国家試験合格率・卒業後の進路

医師国家試験

【2019年発表】合格率97.4%

歯科医師国家試験

【2019年発表】合格率79.8%

薬剤師国家試験

【2019年発表】合格率76.8%

看護師国家試験

【2019年発表】合格率99.0%

保健師国家試験

【2019年発表】合格率92.6%

理学療法士国家試験

【2019年発表】合格率97.4%

作業療法士国家試験

【2019年発表】合格率93.1%

卒業後の進路

[2019.3卒業生実績]
■医学部
昭和大学附属病院54.9%、国公立大学附属病院8.0%、他私立大学附属病院4.4%、その他32.7%
■歯学部
昭和大学附属病院76.3%、国公立大学附属病院10.0%、他私立大学附属病院8.7%、その他5.0%
■薬学部
病院33.3%、調剤薬局・ドラッグストア49.0%、企業10.1%、公務員5.7%、進学1.9%
■看護学科
昭和大学附属病院81.2%、その他医療機関9.9%、行政機関等(保健師)1.0%、進学・その他7.9%
■理学療法学科
昭和大学附属病院29.7%、その他医療機関67.6%、その他2.7%
■作業療法学科
昭和大学附属病院20.0%、その他医療機関60.0%、その他・進学20.0%

入試GUIDE(前年度参考)

2019年度入試より医学部志願者は、同時に第2・第3希望として歯学部・薬学部を併願できます。一般選抜入試で医学部を志望する場合、同時に第2・第3希望として歯学部・薬学部を併願することができます。
詳細は必ず入学試験要項をご確認下さい。
1. 一般選抜入試(I期・II期)/全学部
2. 大学入試センター試験利用入試(A方式・B方式〈地域別選抜〉)/全学部(A方式は医学部を除く)
3. 推薦入試/全学部
4. 編入学試験/歯、保健医療学部(看護学科)

Copyright © 大学通信 All rights reserved. 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。