大学

School
Database

大東文化大学

(私立/東京都)


大東文化大学の画像
資料請求(大東文化大学)

所在地

〒175-8571
板橋区高島平1-9-1

 HP 

https://www.daito.ac.jp/

学校の詳細情報

学科構成・定員

※2020年度定員
●文学部
日本文学科150/中国文学科70/英米文学科130/教育学科120/書道学科60/歴史文化学科100
●経済学部
社会経済学科205/現代経済学科165
●外国語学部
中国語学科70/英語学科230/日本語学科60
●法学部
法律学科225/政治学科150
●国際関係学部
国際関係学科100/国際文化学科100
●経営学部
経営学科365
●スポーツ・健康科学部
スポーツ科学科125/健康科学科100/看護学科100
●社会学部
社会学科200

国公立大学併願制度

国公立大学合格発表日翌日まで入学金など延納可能!

国公立大学の受験者が大東文化大学を併願受験しやすくするための優遇制度です。併願する国公立大学の前期日程試験の合格発表日翌日まで、入学金を含めた入学手続金を延納することができる制度を全学部統一入試(前期)にて適用・導入します。国公立大合格発表後の入学手続きのため、国公立大に進学する場合、大東文化大学の入学金、学費・諸会費を納入する必要はありません。
〈対象〉国公立大学前期入試の受験者かつ全学部統一入試(前期)での正規合格者
※教育学科については、センター試験利用入試(前期 前出願型・前期 後出願型)、一般入試(3教科)も国公立大学併願制度が適用されます。

学生支援の充実

授業料が免除される「桐門(とうもん)の翼(つばさ)奨学金」(入学前予約採用型)が好評。学生の学ぶ意欲と可能性を支援するため、入学前から支給額が分かる予約採用型であるのが最大の特徴です。そして、新たに大東文化大学独自の被災地学生支援特別奨学金制度として、「希望(きぼう)の樹(き)奨学金」を設置しています。入学前に在学中の授業料等の減免措置を約束することで夢の実現をサポートします。また、学生支援センターでは、学生生活や学修面のあらゆる相談に応じ、充実した大学生活が送れるようバックアップしています。

「少人数教育」の充実

教員1人に学生数は10人前後、1年次の入門的な授業は高校のホームルームのような授業です。また、3年次の専門ゼミは数人から10数人程度の小規模で設けられており、学生から高い評価を得ています。

CAMPUS情報

学生に圧倒的な人気の東松山キャンパス

東京ドーム6個分の広大な東松山キャンパスは、新キャンパス整備が2015年に竣工。11号館まである校舎の他、シンポジウムが行われる記念講堂や大東スポーツを支える総合体育館、屋内プールなど様々な施設が揃っています。「サブウェイ」やビュッフェスタイルなど多彩な6か所の学食に4か所の売店やコンビニ、学内郵便局、学生でにぎわうキャンパスプラザなど、キャンパス全体がひとつの新しい街となり、キャンパスライフを充実させています。

アクセス抜群の板橋キャンパス

都会的なデザインで、ソーラーパネルなどを備えたエコキャンパスである板橋キャンパスは明るく開放的な空間。ガラス張りの図書館には95万冊以上の蔵書や数百台以上のパソコンが揃います。23区内に立地するため、就活にも非常に有利です。

資格と就職に強い大学

キャリアサポート

・「そのときに必要なこと」を徹底サポート
学年別ガイダンスや公務員・教員・金融等の対策講座、筆記試験対策、面接トレーニング、Uターン就職ガイダンスなど、それぞれの学年に応じた「そのときに必要なこと」の指導を徹底しています。キャリアセンター内には約1万4千件の求人票をはじめ、最新企業データ、先輩の体験記など、すぐに役立つ実践的な資料が揃っています。毎年開催の合同説明会「学内就職セミナー」では、約300社の人事担当者が来校し、企業説明や模擬面接を実施。このほか、専門カウンセラーによる進路・就職に関する個別相談も学生の大きな支えとなっており、履歴書添削や面接指導などを行っています。また、卒業後の進路を意識し、1年次より正課授業においてキャリア支援科目を展開しています。
・「教員・公務員に強い」評判を支える独自プログラム
書道学科では2020年度入学生より、これまでの高等学校教諭(書道)以外に中学校教諭(国語)、高等学校教諭
(国語)の免許が取得可能になります。多くの卒業生を教員・公務員として輩出した大東文化大学ならではの伝統とノウハウに基づいた独自の対策プログラムを用意。4年間を通じた充実のカリキュラムを組んでいます。公務員対策講座はもちろん、採用試験時期を中心とした専門の公務員相談員の配置、元教員による個別相談や学校ボランティアの紹介なども行っています。
・「学内Wスクール」で資格取得を目指す
語学や簿記、旅行業務取扱管理者など学生に人気の資格対策講座が学内で受講できます。受講料も大学が一部負担し、学生の負担が軽くなるよう配慮されています。

主な就職先

大成建設、積水ハウス、伊藤園、ツムラ、パナソニック、東芝、リコー、出光興産、東京ガス、NTTドコモ、全日本空輸、三井住友銀行、プリンスホテル、慶應義塾大学病院、公務員、教員 他(2019.3卒業生)

海外交流

「Daito Global」を展開し、学生が国際化を牽引する担い手となれるよう全力で支援しています。年間300人以上の学生が海外へ飛び立っているほか、海外からも約400人の留学生を受け入れており、学内でも国際交流が活発です。

協定校留学制度

約100校にも及ぶ協定校で最長1年間交換留学生として学ぶ制度。留学先の学費は免除されるほか、給付型の奨学金もあります。

奨学金留学制度

自分で選んだ大学へ最長1年間留学する学生に奨学金を給付。

ダブルディグリープログラム

外国語学部中国語学科において、3・4年次の2年間を中国の大学に留学することにより、大東文化大学と中国の大学の2つの学士号(ダブルディグリー)を取得することができるプログラムです。北京外国語大学、厦門大学、上海師範大学の3大学から選択可能。中国語の高度な運用能力と中国ビジネスに関する実践的な知識、国際的な視野を育成します。

入試GUIDE(前年度参考)

1. 公募制推薦入試
2. 自己推薦入試(前期・後期)
3. 全学部統一入試(前期・後期)
4. 一般入試(3教科)
5. 英語外部試験活用総合評価型入試
6. センター試験利用入試(前期・中期・後期)
7. 外国人留学生特別選抜(前期・後期)
8. 社会人特別選抜
9. 編入学試験
センター試験利用入試(前期・中期・後期)、全学部統一入試(前期・後期)、一般入試(3教科)を対象に、複数受験で入学検定料割引制度が適用される「グリーン出願」が好評。併願2つ目の検定料が無料となるため、合格のチャンスが広がります(各入試区分の前期型であれば、入試区分をまたいでの割引も適用されます)。推薦入試、一般入試を含め、すべての入試はインターネットからの出願です。(http://www.daito.ac.jp)

Copyright © 大学通信 All rights reserved. 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。