大学

School
Database

東海大学

(私立/東京都)


資料請求(札幌キャンパス) 資料請求(東海大学) 資料請求(清水キャンパス) 資料請求(熊本キャンパス)

所在地

〒259-1292
平塚市北金目4-1-1

 HP 

https://www.u-tokai.ac.jp/

学校の詳細情報

学部・学科・専攻・課程組織

◎定員は予定であり、変更される可能性があります。
〈湘南キャンパス〉
●文学部
文明学科60/歴史学科(日本史専攻50、西洋史専攻50、考古学専攻30)/日本文学科90/英語文化コミュニケーション学科90
●文化社会学部
アジア学科70/ヨーロッパ・アメリカ学科70/北欧学科60/文芸創作学科60/広報メディア学科100/心理・社会学科90
●政治経済学部
政治学科160/経済学科160/経営学科160
●法学部
法律学科300
●教養学部
人間環境学科(自然環境課程65、社会環境課程95)/芸術学科(音楽学課程32、美術学課程20、デザイン学課程38)/国際学科80
●体育学部
体育学科110/競技スポーツ学科140/武道学科60/生涯スポーツ学科110/スポーツ・レジャーマネジメント学科60
●健康学部
健康マネジメント学科200
●理学部
数学科80/情報数理学科80/物理学科80/化学科80
●情報理工学部
情報科学科100/コンピュータ応用工学科100
●工学部
生命化学科100/応用化学科80/光・画像工学科60/原子力工学科40/電気電子工学科140/材料科学科80/建築学科200/土木工学科120/精密工学科80/機械工学科140/動力機械工学科150/航空宇宙学科(航空宇宙学専攻90、航空操縦学専攻50)/医用生体工学科60(3年次より伊勢原キャンパス)
●観光学部
観光学科200(2年次より代々木キャンパス)
〈高輪キャンパス〉
●情報通信学部
情報メディア学科80/組込みソフトウェア工学科80/経営システム工学科80/通信ネットワーク工学科80
〈伊勢原キャンパス〉
●医学部
医学科118/看護学科85
*静岡に「海洋学部」を設置
*熊本に「経営学部」、「基盤工学部」、「農学部」を設置
*北海道に「国際文化学部」、「生物学部」を設置

大学GUIDE

全国のキャンパスに、19学部75学科・専攻・課程を擁する東海大学は、総合大学のスケールメリットを生かした教育に特色があります。具体的には、他学部・他学科の授業を履修でき、それが単位として認定されるなどの多様な学びの教育体制を整えています。こうした柔軟な学びが可能なのは、建学の精神に、学生一人ひとりが自らの思想を培うこと、文系・理系といった専門領域にとらわれず、幅広い視野と価値観をもって現代文明を創造していくことがうたわれているからです。

他学部・他学科の専門分野を体系的に学ぶ「副専攻」

現代社会の複雑なニーズに対応できる幅広い視野を持った学生を社会に輩出するために、複数の専門分野を学べる「副専攻制度」を取り入れています。具体的には建築学科に在籍し、デザイン学の副専攻を学ぶといったことが可能になります。自分の専門以外にプラスαの専門分野を学ぶことは、将来の可能性を広げ、社会に出てからも大いに役立つことでしょう。

学生の夢をサポートする「チャレンジセンター」

社会的な実践力を培うために設立されたチャレンジセンターでは、人間力を育む各種プログラムを提供しています。その柱の一つが「チャレンジプロジェクト」と呼ばれる活動で、学部・学科、学年の枠を越えた学生が集まって、1年間を通して活動するものです。2019年度は、エネルギー、環境問題克服に挑む「ライトパワープロジェクト」のほか、「札幌ボランティアプロジェクト」、「熊本復興支援プロジェクト」、「スポーツ社会貢献プロジェクト」など20のプロジェクトが進行しており、大学では支援金の支給や活動スペースの提供、教職員による助言など、学生の夢やチャレンジを全力でサポートしています。

就職・キャリア支援

「就職指導も教育の一環」として位置づけ、4年間を通じた独自のカリキュラムを実践し、教職員一丸となって学生の指導・支援にあたっています。その成果として、文系・理系ともに安定しており、優良企業への就職率も高い数値を示しています。

多様な進路に適応した総合大学ならではの支援体制

全国にあるキャンパスすべてのキャリア就職センターを活用でき、そのまま就職活動の地域拠点として機能するため、「全国区での就職活動」が可能です。

豊富なインターンシップ制度

インターンシップは一般的に3年次に実施しますが、東海大学では2年次生を対象としています。職場体験を通じて自らの職業適性を再確認するとともに、3年次からの就職活動において主体的な職業選択をしていくための基盤作りを目指します。

大規模な「学内合同採用説明会」

3年次の3月から4年次の10月までの間に、主要企業、団体の採用担当者を招いて行われます。学内にいながら、年間を通して延べ500社もの採用担当者と会うことができます。また、リクルーターのOB・OGも多数訪れるため、OB・OG訪問も兼ねることができます。

就職試験対策講座

航空業界対策講座、公務員講座、教員試験講座、マスコミ講座など、学生に人気のある業種の試験対策講座を実施しています。単に知識を学ぶだけでなく、履歴書の書き方、面接指導など実践的な内容が盛り込まれたきめ細かな指導が行われます。

主な就職先(2019年3月卒業生)

三菱UFJ銀行、富士通、全日本空輸、スカイマーク、日本航空、JR東日本、三井ホーム、プリンスホテル、星野リゾート、警視庁、防衛省 他

資格取得支援

資格取得・検定試験取得講座

学部・学科のカリキュラムとは別に、さまざまな実学講座を開講しています。秘書検定、総合旅行業務取扱管理者、色彩検定、宅地建物取引士、日商簿記など、事務・実務系からスポーツ・健康系まで幅広い資格・検定に対応しています。

国際交流

海外派遣留学プログラム

欧米、東アジア諸国を中心に20カ国・地域の44機関を派遣先対象とした豊富なプログラムを用意しています。なかには、授業料が免除または大学の負担となるほか、奨学金が給付されるコースもあります。

ダブルディグリー・プログラム(DDP)

●日本の「学士」と米国の「短期大学士」の両方が取得できる充実度満点のシステム
ダブルディグリー・プログラム(DDP)は、夏休みから秋学期終了までの8か月間、東海大学の海外教育機関のひとつ「ハワイ東海インターナショナルカレッジ」(HTIC)に留学することで、日本の「学士」と、アメリカの「短期大学士」の両方の取得 = ダブルディグリーが可能になる、画期的なシステムです。取得することで日米の4年制大学へ編入する道も開かれます。

海外研修航海

東海大学所有の海洋調査研修船「望星丸」にて、約40日間かけて諸外国を巡る研修プログラム。毎年、全国のキャンパスから約100人の学生が参加し、海外の諸文化に触れるとともに、船内での共同生活を通じて協調性を養い、豊かな人間形成をはかります。各寄港地では多彩なプログラムを通じて現地の人々との異文化交流を行い、国際感覚を養います。

学部GUIDE

文学部

自分の将来に対してどういう価値観を持ち、行動に移すかということは、私たちが生きていく上で、もっとも必要なことです。文学部の学科・専攻すべてに共通するのは、専門分野での学びを通して、そういった「主体的な」思考力・判断力を養い、それを用いて伝えたり表現したり、共に働いたりする喜びやおもしろさを味わうことができる学びの環境です。楽しみながら力を身につけられる文学部の学びは、社会へ出た時の指針にもなるはずです。

文化社会学部

「文化」の観点から「社会」を考えます。「多文化理解」「言語表現」「メディア」「自立と共生」をキーワードに新しい世界を切り開いていくアプローチを提案していきます。グローバル化、デジタル化が進む現代、紛争や格差、環境問題などの複雑化する課題の中で地域と文化の関係に注目し、コミュニケーションと創造の力を獲得することで私たちの幸せとは何かを問い直す営みでもあります。6つの学科で実践的に課題に挑戦していきます。

政治経済学部

政治・経済・経営といった社会科学系の高度な専門教育を行うとともに「社会力」の養成も重視しています。社会力とは、社会に適応し、社会を創造していく総合的な能力のことです。多くの人々が豊かにくらしていける世の中を創り出せる人材こそ、業種や業界を問わず幅広く活躍できるに違いありません。政治経済学部では日常の疑問に目を向けて、問題を発見し解決策を考える習慣を身につけていきます。そうして培った実力は将来、より高い「社会力」を求められたとき、存分に発揮できるはずです。

法学部

法学部では、誰もが同じラインに立ってスタートします。目標は「自律的個人、良き社会人」の育成です。法学部で身につく「リーガルマインド」は、その資質といってもいいでしょう。長くもあり、短くもある大学の4年間。そのなかで、楽しみながらしっかりと法律を学び、同時にサークル、ボランティア活動などにも一生懸命取り組める環境があります。

教養学部

各学科の専門分野にとらわれることなく、幅広いフィールドでの総合的な学びを通して「人間力」を養い、社会に役立つ人材を育成します。文部科学省の教育GPに採択され、2010年度から実施している「SOHUMプログラム」では、座学中心の講義だけでなく実際に地域社会と連携した実践的カリキュラムを多く設置することで、学内で養った人間力を実社会で生かすための基盤づくりを行っています。自発的に行動することでさまざまな経験を積み、本学部で夢を実現するための「社会人基礎力」を磨いていきます。

体育学部

体育学部は、スポーツ界を牽引する存在を目指し、競技に取り組もうとする人はもちろん、何らかの形で体育やスポーツにかかわっていきたいと考える人にとっても、理想的な環境です。それは、保健体育教師、スポーツ科学研究者、日本を代表する競技者、彼らを支える指導者やトレーナー、健康運動指導士、スポーツイベント等の企画・運営者、スポーツメディア関係者など、多彩な分野で活躍できる人間を育成しうる構造と機能を持つ“総合型の体育学部”だからです。世界の人々の健康と幸福に大いに貢献できるような、専門的な理論と技能、高度な知性と教養を身につけた素晴らしい人間づくりを目指しています。

健康学部

健康学部の教育理念は、未来において誰もが健やかに暮らせる社会を担う人材を育成することです。これから日本が迎えようとする高齢化とそれに起因する諸問題を解決する方法は一つではありません。科学的なエビデンスに基づく食・栄養・運動・エクササイズ・メンタルヘルスに関する専門知識を習得し、社会の問題解決案を提示・実践できる人間づくりを目指しています。

理学部

最先端の科学を学ぶことだけでなく、学んだ科学を正しく使うための人間教育も大切にしています。科学技術は日進月歩です。だからこそ、科学技術をどのように役立てるのか慎重に考える必要があります。そのために、文系の思考やコミュニケーション力が身につき養えるカリキュラムを生かし、科学技術の基礎から応用までを幅広く学び、好奇心を満足させ、学びのなかで自らの将来をじっくり考えていきます。

情報理工学部

情報は、現代社会を構成する重要な要素となっています。今後も発達していくであろう情報技術を扱うために必要なのは、技術を正しく扱える「豊かな人間性」、新しい技術を展開していくための「基礎力」、学びを実社会で役立てられる「実践的な応用力」です。本学部では、その教育方針をもとに、アプローチの異なる理工2学科体制で「情報と機械と人間」をコンピュータで結びつける教育・研究を行っています。

工学部

科学技術を駆使した工学の汎用的な知識と技能、専門領域の実課題に対して実践する考え方と実行力を養成するとともに、創造力を伸ばす教育と研究を重視しています。知識偏重の教育に偏ることなく、工学分野の汎用的な知識と技能の調和に配慮し、工学の基本に力点を置いた教育と研究活動が実践されています。工学部では理工系技術の知識と技能をバランスよく学び、産業界等での課題に対して実践する考え方と実行力を身につける学びの環境が整っています。工学部では「科学技術者」として志向に合った確かな未来を探求していきます。

観光学部

「日本の発展は観光にかかっている」といっても過言ではありません。大学で身につけた広い教養と専門的な知識を活用し、社会で活躍できる人材が、業界からこれまで以上に求められています。本学部は、多くの学部を持つ東海大学のメリットを生かし、1年次は湘南キャンパスで教養系の科目やそのほかの基礎科目を幅広く学び、2年次からは代々木キャンパスで専門を深く学修します。都心の地の利を生かし、業界のさまざまな専門家がゲストスピーカーとして情報を発信するこの環境で、確かな未来をつかみます。

情報通信学部

高度情報化社会の進展に伴い、今後の情報通信技術者にはソフトウェア開発能力、通信ネットワーク技術などの専門的スキル以外に、問題分析・解決能力、英語コミュニケーション力などが求められています。このような社会的要請に応えるため、本学部では英語教育にも力を入れ、幅広い視野と高い志を持ち、国際社会で活躍する技術者の育成を目指しています。新しい技術分野には、新しい感性や専門的スキルを身につけた技術者が活躍できる場が多数用意されています。

医学部

将来、医師として社会貢献するためには、生命倫理に基づく心豊かな人間性を備え、かつ十分な医学知識の修得が非常に重要です。本学部では開学以来、建学の精神に則り、一貫して「良医」の育成を教育の柱としてきました。独自のカリキュラムと、総合大学ならではの幅広い一般教養、教育環境が十分に整えられています。東海大学医学部から社会的役割を認識した真の「良医」を輩出し、医療と福祉に貢献しています。また、看護に期待される役割や機能は、年々変化しています。東海大学では、現代社会のニーズに応えるため、社会のあらゆる分野で健康・福祉の向上に寄与する看護師・保健師を養成。文系・理系の知識を融合させ、バランスのとれた人間性を養うほか、環境や社会と人間との結びつきを探求する科目を数多く開講しています。医療の高度化に伴い、チーム保健・医療の重要度が高まっており、他職種と連携して働く調整能力を育成します。

奨学金制度

大学独自の奨学金を多数設けています。給付型の主な奨学金は以下のとおりです。
○学修サポート給付型奨学金
○学部奨学金
○自己研鑽奨学金
○建学記念奨学金
○ワークスタディ奨学金
○東海大学後援会奨学金
○国際交流奨学金など

入試GUIDE(2021年度予定)

1. 文系・理系学部統一選抜(前期・後期)
2. 一般選抜
3. 大学入学共通テスト利用選抜
4. 工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻選抜
5. 医学部神奈川県地域枠選抜、同静岡県地域枠選抜
6. 総合型選抜など
7. 公募制学校推薦型選抜
詳細は東海大学HPなどでご確認ください。

オープンキャンパス

◆日程 10:00?15:00
湘南:6/21(日)、8/22(土)、8/23(日)、2021年3/14(日)
高輪:6/21(日)
   ※8/22(土)、8/23(日)湘南校舎にてブース参加
清水:6/21(日)、8/22(土)、8/23(日)、2021年3/14(日)
伊勢原:6/21(日)、7/19(日)、8/16(日)、8/30(日)、11/3(火・祝)
熊本:6/21(日)※13:00?15:00、7/19(日)、8/22(土)、2021年3/14(日)
札幌:6/21(日)、7/12(日)、8/8(土)、9/27(日)、2021年3/14(日)
※実施日に変更が生じる場合もあるので東海大学HPでご確認ください。
●医学部医学科編入学相談会
 東海大学(伊勢原キャンパス):4/12(日)13:00?16:00

札幌キャンパス

学部・学科組織

●国際文化学部
地域創造学科110(健康スポーツコース、地域社会・経済コース)/国際コミュニケーション学科80(英語キャリアコース、国際理解コース)/デザイン文化学科70
●生物学部
生物学科70/海洋生物科学科70

学部・学科GUIDE

国際文化学部

●地域創造学科 地域に貢献するスポーツ指導者を育成
生涯スポーツ社会の実現に必要な知識やノウハウを学ぶ健康スポーツコース、地域の活性化や産業振興に結びつく手法を現場で学ぶ地域社会・経済コースの2コースを編成。実践的な専門科目を多く用意し、地域を元気にする方法を学び、地域に貢献できる人材を育成します。
●国際コミュニケーション学科 キャリア直結の高度な英語運用能力と異文化理解力を養成
世界に通用する語学力はもちろん、アジア・欧米各国・世界各地域の歴史、文化、社会について学び、国際社会の様々な場面で活躍できる力を培います。海外留学、海外フィールドワークなどのプログラムも充実。英語キャリアコースと国際理解コースを設置しています。
●デザイン文化学科 デザインの力を社会で活かす方法を学び、新しいライフスタイルを創造できる総合的なデザイナーを育成
デザインの理論と技術を学び、さらにデザインを活用して企画提案する力を養います。学びの分野は映像メディア、グラフィック、製品・プロダクト、建築・インテリアなど多彩。企業でのインターンシップも充実し、海外研修や留学も可能です。1級建築士受験資格も取得可能。

生物学部

●生物学科 生物について多角的に学び、人と自然の調和を基に広く社会で活躍できる人材を育成
生物のミクロな世界での活動から生態系や自然環境保護などまで、広く深く学びます。生命倫理科目で基本を身につけ、2年次以降は生命科学系と自然生態系の分野でさらに知識と技術を深めます。充実した実験科目群や各種のフィールドワークの授業も用意しています。
●海洋生物科学科 「海を知り、海を活かす」。数多くの実験・実習科目を広大なフィールドで展開
教育の柱は、環境・生態科学系と水産科学系。北海道という大自然のフィールドで行う鯨類の観察や釣魚実習、対比海域となる沖縄でのダイビングを中心とした環境生態系実習なども実施しています。

清水キャンパス

学部・学科・専攻組織

●海洋学部
海洋文明学科80/環境社会学科80/海洋地球科学科80/水産学科120(生物生産学専攻、食品科学専攻)/海洋生物学科90/航海工学科(航海学専攻20、海洋機械工学専攻60)

海洋学部「この星の未来は海にある」

海と人類の共生を目指し、地球が抱える問題に挑む

海洋学部は8学科・専攻から構成されており、多角的な分野から「海」を総合的に学びます。文系と理系の要素が複雑に絡み合っている現代社会で求められるのは、文理両方の教養と専門的な視点を備えた人材です。本学部では、「海」を舞台に学生自らが問題を発見し、理解し、解決する能力を養うことを目指します。
また、海は命の宝庫であり、そこで学ぶ本学部生は、必然的に「命の大切さ」を考えるようになります。その学びを通じて養われる倫理観と責任感は、卒業後にたとえ海に関する分野以外の職業に就いたとしても、地域や職場でリーダーシップをとれる高い人間性として結実していくはずです。

海洋文明学科

●海の文化とくらしから、明日の社会を考える
「海と人との関わり」をテーマに歴史・文化・民族・法制度・経済などさまざまな領域から海の文明を学びます。人類社会は海の恵みを利用して文明を築いてきましたが、海をめぐる紛争や対立、環境破壊などの問題を抱えています。島々の歴史・文化や海底遺跡、海に関する産業や政策を学び、人と社会のあり方を考えます。

環境社会学科

●人と自然にやさしい社会を創造する
地球温暖化や生物生態系の変化、海洋汚染など私たちの身近にはさまざまな環境問題が山積しています。たとえば、地球温暖化の抑止効果があると期待されているマングローブの保全の方策を考えるなど、人類が自然環境と共生していくための取り組みを海から学び考え、文系理系の枠にとらわれない柔軟な思考と実践力をもつ環境リーダーを育成します。

海洋地球科学科

●地球環境を見つめ、人類の明日を考える
地球のしくみや変化について科学的な視点で海を捉え、海水の化学成分量の分析や水中生物と気候の変化との関連性を調査します。また、海底に眠る資源やエネルギーの探査・開発についても学びます。フィールド実習や体験型の講義が多いのも特長です。

水産学科

●水生生物の保護・育成と食の安全を考える

生物生産学専攻

持続的に水産資源を利用するため、水生生物の増・養殖、保護・育成について学びます。生物を採集して生態と環境を理解し、マグロやタコなどの身近な魚やミヤコタナゴなどの絶滅危惧種を育て増やすための基礎知識を身につけます。

食品科学専攻

私たちの食卓に並ぶ安全で安心な食品をつくるために、食品化学や食品衛生学、品質管理学などを通じて、食品の製造・加工に必要な知識を身につけます。また、水生生物がもつ有効成分を探り、健康食品や化粧品に活用する研究なども行っています。

海洋生物学科

●海洋生物と人の共生を目指して
大型海洋動物から小さな生物にいたるまで、海に暮らす生物の行動や生態、知能や食性などを学びます。また、自然環境保護も視野に入れ、海に暮らす生物と環境の関わりについて考えるなど、特色あるテーマについても学びます。

航海工学科

●国際性を身につけた船舶職員(航海士)の養成と、海のものつくりで社会を支える

航海学専攻

わが国の貿易は、船による貨物の運搬が生命線です。その船を安全に運航させるために必要な能力と技術に加え船舶管理能力を備えた国際性豊かな船舶職員を育成します。

海洋機械工学専攻

水中ロボット、造船、海洋構造物、資源・エネルギーに関わる知識と技術を学びます。多様な機械システムを「つくり」「利用する」力を身につけ、「ものつくり」に広く関わる技術者を育成します。

熊本キャンパス

学部・学科組織

定員(人)
〈熊本キャンパス〉
●経営学部
経営学科150/観光ビジネス学科80
●基盤工学部
電気電子情報工学科80/医療福祉工学科60
●農学部※
応用植物科学科80/応用動物科学科80/バイオサイエンス学科70
※農学部の教育・研究については「臨空校舎(2023年完成予定)」「熊本校舎」及び「阿蘇実習フィールド」にて充実を図ります。

学部・学科GUIDE

経営学部

●経営学科
経営組織、経営戦略、マーケティング、会計、国際ビジネスなど経営学の学びを深めた上で、「企業経営」「スポーツビジネス」「アグリビジネス」の3分野へと展開していきます。経営学の理論だけでなく、実際のビジネスシーンで役立つ知識やノウハウを学びます。
●観光ビジネス学科
『観光ビジネス』『観光地域づくり』『ホスピタリティ』をキーワードに、旅行商品の企画やセールスプロモーション、観光による地域づくり、海外の観光客とのコミュニケーションに必要な英語・韓国語・中国語などを学びます。

基盤工学部

●電気電子情報工学科
安全・安心な情報化社会の実現に向けて、コンピュータやネットワークの仕組みを学び、さらに、セキュリティや情報・暗号理論などの科目を通して、個人情報の保護や不正なアクセスへの対応などについて学習します。また、制御工学、人工知能、ロボット工学、機械工作実習などの科目を通して、ロボット開発に必要な技術の習得やリモートセンシングを利用して環境をモニタリングする技術、植物工場内の制御技術も学びます。
●医療福祉工学科
血液透析・人工心肺装置などの原理や構造を理解するとともに、その高度医療機器の操作や保守・点検などの技術を身につけ、臨床工学技士(国家資格)を目指します。

農学部

●応用植物科学科
作物・果樹・野菜・花の栽培方法や生理生態、農薬・化学肥料に過度に依存しない農作物の生産、先端技術を用いた品種改良、絶滅危惧生物の保護、天敵昆虫の利用、都市緑化など、多様な植物生産について学びます。
●応用動物科学科
動物の遺伝子、酵素、ホルモンなどの生命現象を理解し、動物の改良や飼育方法、畜産物の効率的な生産方法を修得します。また、飼育環境、動物の行動、動物の福祉、生態系との調和についても学びます。
●バイオサイエンス学科
動植物の遺伝子やタンパク質の構造・機能など生命のメカニズムを学びます。さらに、発酵食品などの機能性成分、ハーブ類の有効物質、微生物の有効利用、予防医学、健康科学などの応用分野まで、バイオテクノロジーに関連する講義、実習を通して生命科学を基礎から応用まで学びます。

取得資格

学科・コースにより取得資格が異なります。
【取得可能な免許・資格】
スポーツリーダー、アシスタントマネージャー〔経営〕 臨床工学技士国家試験の受験資格〔医療福祉工〕 食品衛生管理者任用資格、食品衛生監視員任用資格、飼料製造管理者任用資格、健康食品管理士認定試験の受験資格〔応用植物科、応用動物科、バイオサイエンス〕 家畜人工授精師(牛)〔応用動物科〕教職(工業、農業、理科)など

CAMPUS情報

熊本キャンパスは、熊本市東区にあり、熊本駅から電車で約13分の東海学園前駅正面にあります。

Copyright © 大学通信 All rights reserved. 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。