大学

School
Database

武蔵大学

(私立/東京都)


武蔵大学の画像
資料請求(武蔵大学)

所在地

〒176-8534
練馬区豊玉上1-26-1

 HP 

https://www.musashi.ac.jp

学校の詳細情報

学部・学科組織・入学定員(2020年度)

●経済学部
経済学科150/経営学科150/金融学科120
●人文学部
英語英米文化学科115/ヨーロッパ文化学科105/日本・東アジア文化学科105
●社会学部
社会学科137/メディア社会学科117

ゼミ(演習)&少人数教育

1年次から4年間、全ての学生が必修のゼミは毎年400以上開講されており、1ゼミあたり十数人という少人数制を徹底しています。ゼミでは学生が関心のあるテーマを選び、調査や発表、討論をくり返しながら学びを深めます。教員との距離が近く、背景や価値観の異なる仲間と協力し切磋琢磨する環境は、学生の意識を高め、チームワークや課題解決力などを養います。
さらに、「三学部横断型ゼミナール・プロジェクト」では、3学部(経済・人文・社会)の学生がひとつのチームを作り、学部の専門性を生かして企業からの課題に取り組みます。他学部の学生との協働作業を通じて、多様な視点や自己管理能力を養うとともに、社会の仕組みを肌で感じることができます。

学部学科GUIDE

※2020年3月時点の情報です。
■経済学部
ひとつの分野を系統的に学ぶため、ゼミと連動したコース制を採用。所属学科に関係なくコースやゼミを自由に選択できるので、学科の垣根を越えた学びが可能です。
〈経済学科〉
経済学の理論や実証、歴史を学び、経済学的な視点を養います。世界各地域の動向をとらえながら、国際貿易や金融、多国籍企業の理論と実際を体系的に学び、国際社会で通用する人材を育成します。英語力の向上や留学を目指す学生のための科目も充実しています。
〈経営学科〉
経営学の理論を体系的に学び事例研究やビジネス・プランの提案などを行い、企業経営の実践力を養成します。経営戦略や会計学、マーケティングなど、幅広い分野の学習を通じて、多方面で活躍できる人材を育成。会計やIT(情報技術)の専門知識も習得できます。
〈金融学科〉
全国的にも数少ない学科で、金融の仕組み、金利や株価の決定といった金融の基礎から、金融工学まで幅広く学びます。「証券アナリストコース」では、科目に検定試験の対策講座も含まれ、卒業までに第1次レベル試験(3科目)合格を目指します。
■人文学部
多様な文化や価値観を尊重し、自分の考えや自国の文化について外国語を用いて発信し、異文化と対話する能力を持つ人材育成を目標としています。留学制度も充実。
〈英語英米文化学科〉
4技能の向上を目的とした英語クラス、英語によるプレゼンテーションの基礎を学ぶ授業など実践的な英語力を習得します。英米をはじめ英語圏の文化や歴史を専門的かつ横断的に学ぶことでグローバル社会において、コミュニケーションの質を高めます。
〈ヨーロッパ文化学科〉
フランスやドイツを中心に広くヨーロッパ世界の文化と現象を学びます。ドイツ語もしくはフランス語を第一外国語とし、現地実習や留学を生かして国際人としての素養を磨きます。
〈日本・東アジア文化学科〉
日本文化および東アジア諸国の文化を多角的に学びます。【ことば・文学・思想】【芸術・身体・環境】【歴史・民俗・宗教】の3分野に、方法論と地域研究を組み合わせた授業を展開。学生一人ひとりが掲げたテーマについて、ゼミで深く研究します。
■社会学部
社会問題に正面から向き合い、学問的に切り込む社会学を基礎から段階的に学びます。また、社会調査のための専門的な能力を備えていることを証明する「社会調査士」資格取得者の育成に力を注いでいます。
〈社会学科〉
社会学の理論やデータの収集法・分析法を総合的に学ぶとともに、物事を多角的にとらえる視野・思考を育てます。疑問に感じたことを学問的に解き明かし、自分なりの考えを論理的な言葉や文章にして人に伝える力を身につけます。
〈メディア社会学科〉
メディアが伝えるべき内容とその方法について学び、アンケートやインタビューを行い、調査レポートや出版物を作成します。現代社会が抱える問題について考え、その解決に向けてメディアを活用した情報発信のできる人材を育成します。

グローバル教育

各学部でグローバル教育を展開

〈ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム〉
経済学部の入学生が対象。日本にいながら、ロンドン大学の学位も取得できるプログラムで、日本初の試みです。
〈グローバル・スタディーズコース〉
人文学部生対象のコースで、グローバル市民にかかせない異文化理解力と高い語学力を身につけます。
〈グローバル・データサイエンスコース〉
社会学部生対象のコースで、データサイエンス・スキルと英語力を磨き、データ分析から提案までを全体でデザインできる人材を育てます。

留学・海外研修

〈協定留学〉
アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・ドイツ・フランス・オランダ・シンガポール・フィリピン・韓国・中国・台湾にある協定校へ留学。留学期間を含めた4年間で卒業が可能です。
〈外国語現地実習〉
夏季および2?3月に海外の協定校で実施される語学の集中授業で、プログラムを修了すれば卒業単位として認定も可能。長期留学に備えるための事前準備として最適です。
〈学生海外研修〉
夏季および2?3月に、学生自身が選んだ研修先で自ら設定した研究テーマに従って現地調査を実施し、帰国後は報告書を提出し、報告会に参加します。また、30万円を限度額として奨学金が給付されます。
〈グローバル・インターンシッププログラム〉
2?3月にオーストラリア、アメリカ合衆国、東南アジアなどで4週間のインターンシップを行います。海外での就労体験を通して国際的視野を広げ、グローバル社会に対応できる力を身につけます。研修先・研修期間に応じて奨学金を給付。

国内留学

〈テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)との単位互換プログラム〉
武蔵大学で学びながらTUJの授業を1科目から履修できるほか、留学(1学期?1年)することも可能。授業は全て英語で行われ、追加の授業料は不要です。また、毎年夏には5日間の体験授業「English Summer School」も武蔵大学内で実施。実践的な英語力を伸ばしたい学生に好評です。
〈Musashi Communication Village(MCV)〉
外国語や異文化を楽しみながら学べる国際村「MCV」は、英語が公用語。少人数の英会話レッスンや外国人スタッフとのフリートークなど、キャンパス内で留学体験ができます。

キャリア支援

少人数教育の伝統を生かし、自らキャリアを切り開く力を伸ばす支援を行っています。キャリア支援センターにはキャリアカウンセラーの有資格者をはじめ経験豊富な職員が10人以上在籍し、就職活動が本格化する時期に3年生全員と個別面談を実施。学生の希望に合った適切なアドバイスをします。また、内定を獲得した4年生が「就活サポーター」として相談に応じます。先輩たちの実体験にもとづく言葉は何よりの支えになり、親身に答えてくれるサポーターの存在は心強いと好評です。

主な就職先(2017?2019年3月卒業生実績)

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、野村證券、明治安田生命保険、JR東日本、ANA、東京ガス、清水建設、大成建設、ヤフー、久光製薬、資生堂、富士ゼロックス、キユーピー、大日本印刷、三菱自動車工業、そごう・西武、東急ハンズ、NHK、星野リゾート、JTB、厚生労働省、総務省、経済産業省、東京都庁 他

入試GUIDE(2020年度参考)

1. 一般方式入試
 ・全学部統一2科目型/全学部統一グローバル型
 ・個別学部併願3科目型
2. センター方式入試(前期・後期日程)
3. 特別選抜入試/経済学部
4. AO入試/人文・社会学部
5. 帰国生徒対象入試/全学部
※詳細は入試ガイド・公式Webサイトでご確認ください。

Copyright © 大学通信 All rights reserved. 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。