大学

School
Database

明治薬科大学

(私立/東京都)


明治薬科大学の画像
資料請求(明治薬科大学)

所在地

〒204-8588
清瀬市野塩2-522-1

 HP 

https://www.my-pharm.ac.jp/

学校の詳細情報

学部

●薬学部
薬学科300/生命創薬科学科60
■大学院
薬学研究科〔薬学専攻 博士課程(4年制課程)5※、生命創薬科学専攻 博士課程(前期)20、生命創薬科学専攻 博士課程(後期)5※〕
※社会人を含む

薬学の新時代に応える薬剤師と創薬研究者をめざします

実践的な「医療薬学教育」から「研究」までを網羅。118年の歴史をベースに最前線の薬学教育を行います。

薬学科(6年制)

(定員300人)
薬学科の特色は、5年次の明治薬科大学独自研修カリキュラム「7つの特別研修コース」にあります。国家試験受験に必須の医療機関実習の他に、将来の目標や関心に応じて専門的な7つのコース(病院薬学/地域医療/臨床開発/健康薬学/伝統医療薬学/薬学研究/海外医療研修)を選択して学ぶことができる、これが薬学科の大きな魅力です。
これからの薬剤師には、調剤業務だけでなく、薬物治療における責任者としての役割が求められます。患者さんの心を理解するため、「医療コミュニケーション学・演習」をカリキュラムに取り入れ、実際の状況を想定した演習を実施しています。臨床心理学的な理論に基づいた手法で、薬物治療に貢献します。

生命創薬科学科(4年制)

(定員60人)
この学科の特色は、独自カリキュラムに組み込まれた少人数制行動型授業にあります。低学年次では物理化学、有機化学、生化学などの基礎科目を学び、3年次から創薬研究、医薬品開発の基礎を学びます。特に3年次の4研究室における長期実習「薬科学総合実習・演習」は、異なるタイプの最先端研究を体験でき、将来の専門分野決定への大きなステップとなります。4年次の卒業研究は大学院の教育と連動し、学部から大学院への進学をよりスムーズにする体制が整っています。「生命科学と創薬化学の急速な発展に貢献できる知識と技術、問題解決能力を修得したい。そして、新薬を開発したい」そんな研究志向の人材育成を目指すのが生命創薬科学科です。

充実のキャンパスライフ

■学生生活や学修を支援する制度
大学の授業は高校よりも長く、学生が個々で自分の時間割を設計するようになります。そうしたさまざまな変化に戸惑うことなく適応できるよう支援しています。
アドバイザー制度は、新入生5人に1人の教員が担当アドバイザーとして、面接を定期的に行い、学生生活、学修、課外活動などをサポートしています。
基礎教育支援制度では1?2年次の基礎教育科目(物理、数学、生物、化学系科目)の学力を確かなものとするように、教育経験豊富な教員から個別指導などが受けられることで好評を得ています。
■活気あふれるサークル活動
学内には現在、5つの委員会、47の部と2つの同好会があり、それぞれが特色ある活動を行っています。そのなかでも空手部、競技スキー部は大会等で優秀な成績を修めるなどの結果を残しており、学生は日々の学業とあわせて活気にあふれたキャンパスライフを送っています。
■学生の希望に応えて就職活動をサポート
進路就職支援委員会では、各学年に応じたさまざまな就職支援プログラムを企画する他、個別相談を重視したきめ細やかな支援を行っています。各種プログラムに積極的に参加することで、一人ひとりが本格的な就職活動への準備を整えていきます。また、インターネット等の情報に頼るだけではなく、内定した先輩たちや企業・病院・薬局等の人事担当者との出会いの場を提供し、企業合同説明会、キャリアガイダンス、卒業生との懇談会なども開催しています。

卒業後の進路

充実した進路就職支援体制に加え、就職希望者の3倍以上の求人が寄せられています。

卒業後の進路

卒業後の進路は、主に病院、薬局、製薬関連企業および公務員などで、多くの卒業生が各業界で指導的立場となり活躍しています。

主な就職先

〈薬学科〉アステラス製薬、第一三共、中外製薬、MSD、エーザイ、塩野義製薬、協和発酵キリン、獨協医科大学埼玉医療センター、筑波大学医学部附属病院、聖路加国際病院、小川赤十字病院、千葉大学医学部附属病院、杏林大学医学部附属病院、アインホールディングス、アイセイ薬局、医薬品医療機器総合機構(PMDA)など
〈生命創薬科学科〉ノボノルディスクファーマ、ジョンソンエンドジョンソン、エイツーヘルスケア、EP綜合、VSNなど
進学先:明治薬科大学大学院、東京大学大学院薬学研究科、千葉大学大学院、静岡県立大学大学院など

入試GUIDE(前年度参考)

1. 公募制推薦入試
2. A方式(センター試験利用)
3. B方式前期・後期(一般入試)
4. C方式(センター試験・個別試験併用)
5. 編入学試験 
6. 社会人入学者選抜試験
7. 帰国子女入学者選抜試験

Copyright © 大学通信 All rights reserved. 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。