大学

School
Database

早稲田大学

(私立/東京都)


早稲田大学の画像
資料請求(早稲田大学)送料200円(後納)

所在地

〒169-8050
新宿区西早稲田1-6-1

 HP 

https://www.waseda.jp/

学校の詳細情報

学部・学科・専攻・専修・論系・コース組織

※数字は2021年度一般選抜による募集人員(予定)
●政治経済学部(300)
政治学科100/経済学科140/国際政治経済学科60
●法学部(350)
●文化構想学部(535*) ※2年次から論系に所属
文化構想学科(多元文化論系、複合文化論系、表象・メディア論系、文芸・ジャーナリズム論系、現代人間論系、社会構築論系)
●文学部(465*) ※2年次からコースに所属
文学科(哲学、東洋哲学、心理学、社会学、教育学、日本語日本文学、中国語中国文学、英文学、フランス語フランス文学、ドイツ語ドイツ文学、ロシア語ロシア文学、演劇映像、美術史、日本史、アジア史、西洋史、考古学、中東・イスラーム研究の各コース)
●教育学部(560)
教育学科〔教育学専攻100(教育学専修、生涯教育学専修、教育心理学専修)、初等教育学専攻20〕/国語国文学科80/英語英文学科80/社会科(地理歴史専修、公共市民学専修)145/理学科(生物学専修、地球科学専修)50/数学科45/複合文化学科40
●商学部(535) ※3年次からトラックに所属
経営、会計、マーケティング・国際ビジネス、金融・保険、経済、産業の各トラック
●基幹理工学部(320) ※2年次から学科に所属
学系I45(数学科、応用数理学科)/学系II210(応用数理学科、機械科学・航空宇宙学科、電子物理システム学科、情報理工学科、情報通信学科)/学系III65(情報理工学科、情報通信学科、表現工学科)
●創造理工学部(315)
建築学科80/総合機械工学科80/経営システム工学科70/社会環境工学科50/環境資源工学科35
●先進理工学部(300)
物理学科30/応用物理学科55/化学・生命化学科35/応用化学科75/生命医科学科30/電気・情報生命工学科75
●社会科学部(450)
社会科学科
●人間科学部(385*)
人間環境科学科130/健康福祉科学科140/人間情報科学科115
●スポーツ科学部(150) ※2年次からコースに所属
スポーツ科学科(スポーツ医科学、健康スポーツ、トレーナー、スポーツコーチング、スポーツ教育、スポーツビジネス、スポーツ文化の各コース)
●国際教養学部(175)
国際教養学科
*文科構想学部・文学部は大学入学共通テスト利用方式、人間科学部は大学入学共通テスト+数学選抜方式の定員を含む
*入試制度名称を含む上記情報は2020年2月6日時点のもの

Waseda Vision 150

早稲田大学では、教育研究の原点である「学問の独立」「学問の活用」「模範国民の造就」の三大教旨を現代社会にふさわしい形で実現することを目指して「Waseda Vision150」を策定しました。これは、2032年の創立150周年を見据え、自由で独創的な学問・研究を通して世界に貢献する大学であり続ける決意を表明したものです。このビジョンをもとに、教育・研究を展開しています。

学部を超えた教育システム

各学部での学びを基本としながらも、学年や専門分野にとらわれずに履修できる「全学オープン科目」を2,400科目以上開講し、学部教育のオープン化を実践。幅広い視野と国際感覚、社会での実践力を育てています。また、企業などと連携した正課外のプログラムも充実しています。大学の中に留まらず、広く社会を知ることで、多様性を理解し、人間力を身につけます。

学びを支える環境?奨学金・学生寮?

250種類以上の奨学金制度のうち、学内奨学金(約150種類)はすべて返済不要の給付奨学金です。中でも代表的な「めざせ!都の西北奨学金」は、1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)以外の高校出身者を対象とした予約採用型奨学金で、奨学金採用候補者として認定された場合、入学前に入学後の奨学金給付(春学期分授業料原則4年間免除)が約束されます。また、1都3県の高校出身者向けの「小野梓記念奨学金(新入生予約採用型)」という予約採用型奨学金もあります。(※2019年度実績)
さらに、地方学生の支援策として、学生寮の整備にも力を入れています。直営寮や提携寮をはじめとする、24の学生寮を有しています。中野国際コミュニティプラザにある「国際学生寮WISH」では、日本人学生と外国人留学生が共生。独自の寮教育プログラムを実施し、住環境整備のサポートのみならず、集団生活を通じてコミュニケーション能力や社会適応能力、リーダーシップを涵養します。早稲田キャンパス近くにも国際学生寮「WID早稲田」があります。

多様性を育むグローバルな環境

多様な価値観に触れるキャンパス

早稲田大学は、キャンパスのグローバル化を教育・研究の最優先課題に位置づけ、「世界で輝くWASEDA」としての存在感を発揮するため、キャンパス内でグローバルな体験ができる場を数多く用意しています。
世界各地、日本全国から学生が集う、人種のるつぼといえるキャンパスには約8,000人の外国人学生・留学生が在籍しており、ICC(異文化交流センター)では多彩なイベントを通じて異文化理解を深める場を提供しています。

留学サポート体制

協定を結ぶ海外の教育機関は93カ国、848校にのぼります。これらの大学と協力し、大学間の授業や研究、人材交流を活発に推進しています。
早稲田大学の留学プログラムは実に多彩で、年間約4,600人の学生が海外での学びを体験しています。2週間程度の語学留学から、所定の要件を満たせば卒業時に早稲田大学の学位と留学先大学の学位を両方取得できる「ダブルディグリー・プログラム(北京大学、復旦大学、シンガポール国立大学、国立台湾大学、上海交通大学、米国アーラム・カレッジ等との間で実施)」まで、留学の目的、期間の長短、選抜の有無など、多様な選択肢から自分に適したプランを選ぶことができます。

世界で評価される早稲田の人材育成力

文科省の「スーパーグローバル大学創成支援」で、早稲田大学の「Waseda Ocean構想」がトップ型13大学の一つに採択されています。世界の大学ランキングにおいて早稲田大学がカバーする25の研究分野のうち18分野で100位以内となるなど、教育研究の質と量を飛躍的に向上させることを目指しています。
早稲田大学はこれまでも、時代を導く傑出した人材を数多く輩出してきましたが、今もその人材育成力は健在です。卒業生の活躍などを評価する英国QS社の「Graduate Employability Rankings2020」では、国内私立大学で1位、世界では34位となりました。グローバル化の取り組みが、人材育成の観点から評価された結果と言えるでしょう。

卒業後の進路(2018年度卒業生)

卒業後の進路は「就職7割、進学2割、資格試験受験等その他1割」となっています。就職先は日本を代表する企業をはじめ、教育機関や官公庁など、多岐にわたります。理工系3学部では大学院への進学率が高く、約7割が進学します。

主な就職先

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、東京都職員I類、富士通、NTTデータ、みずほフィナンシャルグループ、NHK、東京海上日動火災保険、大和証券、楽天、特別区(東京23区)職員、アクセンチュア、国家公務員一般職、三菱UFJ信託銀行 ほか

入試GUIDE(2021年度予定)

1. 一般選抜*/〈大学入学共通テスト+英語4技能テスト+学部独自試験〉国際教養〈大学入学共通テスト+学部独自試験〉政治経済、文化構想(共通テスト利用方式)、文(共通テスト利用方式)、人間科(共通テスト+数学選抜方式)、スポーツ科(共通テスト+小論文方式)〈英語4技能テスト+学部独自試験〉商、文化構想、文〈学部独自試験のみ〉法、教育、商(地歴・公民型、数学型)、社会科、文化構想、文、基幹理工、創造理工、先進理工、人間科
2. 大学入学共通テスト利用入試*/〈大学入学共通テストのみ〉政治経済、法、社会科、人間科、スポーツ科〈大学入学共通テスト+学部独自試験〉スポーツ科(共通テスト+競技歴方式)
3. 総合選抜型入試/〈全国自己推薦〉社会科〈スポーツ自己推薦〉スポーツ科〈グローバル(海外就学経験者)〉政治経済〈グローバル〉社会科〈特別選抜〉先進理工〈早稲田建築AO〉創造理工〈トップアスリート〉スポーツ科〈アスリート選抜〉スポーツ科〈新思考入試(地域連携型)〉法、商、文化構想、文、人間科、スポーツ科
※日本語による学位取得プログラム
4. 推薦入試/〈公募制学校推薦〔FACT選抜〕〉人間科〈指定校推薦〉政治経済、法、教育、商、国際教養、文化構想、文、基幹理工、創造理工、先進理工、人間科
*1. および2. はWeb出願時に「主体性」「多様性」「協働性」に関する経験を100文字以上500文字以内で提出
※詳細は、入学センターホームページをご確認ください。

Copyright © 大学通信 All rights reserved. 
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。